老人ホームと病院の違い

皆さん、老人ホームってどんな所か、ご存知ですか?

昔は、集いの場だったらしいのですが、現在は、要介護施設となっています。
介護士の資格を持つヘルパーさんが、従事しています。

看護師もいて、医師は、提携病院から、来所してきます。

話は、変わりますが、・・・
うちには、姪っ子もいます。2歳になりましたが、成長が早く、3歳児に見えるそうです。

人生の初めと終わりは、同じです。

うちの姪っ子は、今も紙オムツです。一人では、トイレにも行かれません。

老人ホームの入居者様の一部もそうです。紙オムツで、一人では、トイレにも行かれません。

老人ホームのイベントは、体操や、塗り絵、書道などです。

子供と老人を比較するのは、失礼かもしれませんが、人生の最初の5年と終わりの5年は、一緒だと思います。

認知症っとなると、手に終えません。エンドレスの同じ会話を認知症同士でします。

紙オムツで初まり、紙オムツで、人生を終えるのは、なんか、寂しいですが、現実です。

ところで、老人ホームは、500~2000万円は、入居金として必要です。
さらに、月々、15万円から20万円の管理費がかかります。

私のような人間には、入所できる施設ではありません。
そんな、お金、どこにもないからです。

私は、低所得者です。それは良しとして、何故、自分が入れない施設で、働いているのか、バカバカしくて、モチベーションが、上がりません。

しかも、入居者様の辛い現実を目の当たりにして、引きこもりが好きな自分には、羨ましいのですが、そうではなく、テレビも見ない方は、ツライだけの施設です。

その心中を察すると、人生とは何か・・・改めて、想い直します。

私は、広汎性発達障害を持っています。相手の気持ちが理解出来なかったり、空気が読めなかったり、未成年時代は、苦痛でしかない人生を過ごしました。

友達も出来るのですが、長続きせず、今も悩んでいる毎日です。

障害者雇用で、働いていますが、周囲から、警戒され、怖がられます。精神病の偏見は、今も根強いです。

自分の入居出来ない場所で、働くのは、ツライです。

人生の最初と最期は、同じです。

最新の神奈川看護師求人

インフルエンザの悲劇

思い返せば

義弟くんから「申し訳ありません」と
インフルエンザB型にかかった事を知らせるメールが届いたのが
先月半ばのとある月曜日の朝で。
その日から妹と姪っこちゃんは実家に避難生活をしていた訳ですが
1週間経った土曜日、姪っこの感染が発覚。
義弟くんの症状も治まっていたため、妹と姪っこは家に戻る。
(その後、妹も感染発覚)

実家にいた1週間の間に実家メンバーにもうつっていたらどうしよう、と
心配していた訳ですが…

週明け、体調不良を訴えた父親、医者で検査した結果
「インフルエンザA、感染発覚」←
そんなもの、どこで拾ってきたああああ!?

父親が発熱で朦朧としていたため仕事について回ること数日、
案の定私も咳とか体の痛みとかが出てきて、医者で検査してみたら…
「インフルエンザB疑陽性」あれっ、Aじゃなくて???
うっすーーーく青い線が出ているような出ていないような
先生も看護師さんも「うーーん」と判断に迷うような。

でもその後がっつり発熱、見事にダウン。
39℃とか、さすがにえらかったー…
身体中いたいし、咳も酷いし、インフルエンザってホント大変なのね…

母親も若干咳が出ていたけれど、検査するも全く出ず。
姉も無事。何なのこの違い。

まだ咳が残っているけれど、熱とか体の痛みとかはなくなったから
かなり良くなったなーと思います。
外出禁止期間も一応今日までで終わりだし。
でもまだ十分注意しないとね。

しかし、今までインフルエンザなんて
誰もかかった事なかったんだけどなぁ…
かかる時にはかかっちゃうものなんですかねぇ…

皆さんも、お気をつけくださいね。

Categories
Bookmarks